アニメとエロ | パイズリ動画とSM動画を楽しむならエロ動画サイト

1928年にアメリカで最初の作品が作られて以来、エロアニメというものはエロコンテンツの中でも人気のジャンルのひとつでした。
日本でも浮世絵風のタッチで描かれたエロアニメが同年代に制作されたという歴史がありますが、ちょうど世相はエログロナンセンスの大正、昭和初期のデカダンスから一億総玉砕の戦争状態に突入していこうかというところ。
日本最初のエロアニメは、その名が残るだけで現物は存在していないということです。

アニメーションでエロを描くということが、現在のように人気を呼ぶようになったのは1980年代頃に始まるアニメブームがきっかけでした。
その頃にビデオカセット用の作品として制作されたエロアニメがサブカルチャーの分野で話題となり、今に続くオタク文化とも関連しながら次第に成長していったのです。
現在では、さまざまなカテゴリーで語られるエロなアニメーションが制作され、DVDで発売されたりインターネットを通して配信されたりしています。

現在、この世にはさまざまな情報伝達のメディアがあります。
さまざまな媒体に、言葉や映像、その他の情報が載り、あらゆる人が環境さえ整っていればそれを閲覧することが可能であるという情報社会です。
情報伝達の手段が多様化し、また成熟した現在では、どの分野でもエロを見ることは可能です。というのも、情報伝達のメディアが新しく生まれると、それは必ずいつしかエロを表現するために用いられるようになったからです。

たとえば、芸術には七、八種類のものがあると言われています。一番若い芸術は「映画」すなわち映像メディアであり、映画が初めて受けた批評的なネーミングは、「第七芸術(第八芸術)」というものでした。
それまでにあった六つか七つの芸術の上に、新しく誕生した芸術という意味合いの言葉です。
この、七つか八つの芸術には、文芸や絵画、音楽や演劇、彫刻などがありますが、そのいずれもが、裸体画の誕生や裸像の制作、艷絵や春画、官能小説などエロを表現した分野を擁しています。
もちろん、一番若い芸術である映画にも、ポルノ映画やアダルトビデオ、エロアニメなどがあります。